卵の中の宇宙人

①「春」ファンダイビング

天気:曇り 気温:23℃ 水温:22℃ 透明度:30m
 
幼魚ラッシュが止まりません。
今シーズンの魚影のピークは今じゃないかと思うほど。
ソフトコーラルに群がるアマミスズメの幼魚たち。
見ごたえあります。

 
スカテンの根にはまだその子供たちは見えなかったけど
キホシスズメダイの幼魚たちがたくさんついて
根が一回り大きく見えました。

 
キンギョハナダイも幼魚のときはうっすらピンク。

さらにこちらは産まれる前。
イカの卵?体につけてるモクズショイがいまして、、。
もはやぱっと見カオスな状況でしたが、、
背負いきれない卵もあったようでその一つです。
よく見ると宇宙人に見えてきた・・・
地球が乗っ取られるカウントダウンスタート

 
クレナイニセスズメじゃなくてヤミスズキの
幼魚がいたから、そっちを紹介してたんだけどね

 
久しぶりにヤイトヤッコに会えた==

 
太平洋を代表するウミウシです

タイトルとURLをコピーしました