セキレイハゼ(オキナワハゼ属1種3)

トピックス

 
  
天気:曇り 気温:24℃ 水温:26℃ 透明度:30m 
  
うねりがなくなり透明度が回復!
見つけ上手のお客さんがレア物~人気者まで色々見つけて
最後の最後にヒメヒラタカエルアンコウらしきものも登場。
それぞれ主役クラスの生物ばかり、お腹一杯の1日でした~。
  
中でも無理やり順位をつけるなら、今日のお勧めNO1は
オキナワハゼ属1種3でしょうね。
「セキレイハゼ」という和名が付きました。
鰭などの黒と白の模様が鳥のセキレイに似てることが由来だそうです。
なかなかゆっくり観れる機会がないシロモノですが、
今日はじっくり観察できました。
おかげで胸鰭をグルグル動かすカワイイ仕草を見れました!
オキナワハゼ属1種3
  
昨日見つけたフリソデエビをリベンジ!
ちゃんと2匹いてくれたけど、ちょうど↑のオキナワハゼも
メチャクチャ気にしながらのタイミングで「一兎をも得ず」状態、、。
写真はお客様にお借りしました!
フリソデエビ
  
久しぶりにツルピグ(Hippocampus denise)もご紹介。
みなさん見つけるなり、このふざけた出で立ちに水中大爆笑!
リクエストいただければ、この貴重なピグミーご案内しますよ~。
ツルピグ
  
ヒメキンチャクガニもお客さんが見つけてしまった・・。センス抜群!
この頃、ブログに写真を載せているので、定番で見れると思われ
そうですが、基本的には見つかりませんよ、、。
イソギンチャクのピンク部分を肉眼で認識できて嬉しかった。
ヒメキンチャクガニ
  
でぶっちょモシオエビ。
モシオエビ
  
カシワハナダイの群れは見事でした。
求愛に夢中の固体もキレイでした。
タテキン幼魚も混ざってました。
カシワハナダイ

タイトルとURLをコピーしました